基本的なリフトアップ施術を知る

肌の自然治癒力を高める

肌の外からの刺激でアンチエイジング

顔全体のたるみやしわを改善するのに効果的なリフトアップ施術はレーザー治療です。
顔にレーザーや光などを照射して、コラーゲンなどの生成を促し、顔全体にハリやツヤを与えるアンチエイジングです。
レーザー治療は、一度の施術で半年から一年程リフトアップ効果が続きます。
また、この施術は肌を傷つけ無いので、施術後、すぐに普段通りの生活を送ることができます。

レーザー治療に使用されるマシンにもよりますが、施術の痛みは個人差があります。
肌が敏感な人によっては腫れや赤みが出る場合があります。

副作用は事前のカウンセリングで肌質を確認し、慎重に施術を行えば、起こりにくいです。
レーザー治療は安全性の高いリフトアップ施術です。

主なレーザー治療について

サーマクールは、皮膚内部の繊維に熱を加えます。熱を加えられた繊維は収縮し、肌が引き締められます。
また、収縮した繊維が修復される過程で新しいコラーゲンが生成されるので、リフトアップ効果が持続します。
他にも、皮膚の下の脂肪に効果があり、脂肪によるふくらみを引き締めます。
しかし、引き締め効果が強すぎて頬がこけてしまう場合があります。

ウルセラは、サーマクールよりも深く皮膚内部に熱をかけます。
その分、引き締め効果が高いですが、施術できる部分が限られてしまいます。

ポラリスは、電気的なエネルギーで細胞を破壊し、肌のコラーゲンの生成を促し、しわやたるみの改善、毛穴の引き締めに効果があります。

イントラジェンは、電磁波を照射し、皮膚内部に熱を加えてコラーゲン繊維を収縮させ、 肌のしわやたるみを改善します。
収縮したコラーゲン繊維が修復される過程で新しいコラーゲンが生成され、しわやたるみ改善の効果が持続します。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ